DTM・DAW初心者講座

DTM(Dest Top Musuic)、DAW(Digital Audio Workstation)の初心者のための講座です。
私のいちばん使うDAWソフト「Ability」しかも、スコアエディタ(楽譜による入力方法)を例に説明していきます。


Abilityにはピアノロールエディタ、ステップエディタ(数値入力)のほかステップシーケンサーの入力方法がありますが、何よりも楽譜の画面で入力を行う方が見た目にもわかりやすく、特に初心者の方や、楽譜があまり読めない方でも、楽譜通りに入力すれば、間違いも見つけやすいという利点があります。

この講座ではスコアエディタ(譜面入力画面)で行っていきます。

Abilityのスコアエディタ画面

ドラムス(Drums)の打ち込み

この項では、まずドラムスの基本的な打ち込みから始めます。

ベース(Bass)の打ち込み

この項ではドラムスに続いてベースの基本的な打ち込みの解説です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする